お酒が好きなあなた、回復力が弱ってきたあなたに、頼れる肝臓サプリを紹介します!

オルニチン

ここでは、肝臓の機能を回復させる成分のひとつである「オルニチン」について、説明します。

疲労回復に効果のあるオルニチンとは

オルニチンは、遊離アミノ酸の一種です。多くのアミノ酸がタンパク質の中に存在するのとは異なり、血液に溶け込んだ状態で体内を巡っています。

肝臓にたどり着いたオルニチンは、「オルニチンサイクル」(尿素回路)で働き、有害物質であるアンモニアの解毒を促し、無毒な尿素に変換します。
オルニチンは尿素を産生した後、肝臓で再生され、肝臓全体の機能を保つ働きをしています。

アンモニアは、生命活動のエネルギーとなるATPの産生や、脳を動かす主要エネルギーであるグルコースの生成を妨げる有害物質なので、除去されることで、エネルギー産生が円滑になり、疲労回復が促進されると考えられています。

実際、「日常生活の自覚症状」について、オルニチンを摂取したグループと摂取していないグループにアンケート調査を行った結果では、全ての項目において、オルニチンを摂取したグループの方が、疲労改善作用があったという報告があります。

また、オルニチンの摂取によって飲酒の翌日に、アルコール性の疲労が抑えられることも確認されています。

オルニチンを豊富に含む食品

「オルニチン=シジミ」というほど、しじみにだけ飛び抜けて多く含まれている成分です。

それも凍らせることで、オルニチンの量は増えることが知られていて、台湾や韓国では、昔からシジミを凍らせてから食べる習慣があります。
最近では日本でも、一度凍らせてから、味噌汁の具などに利用する家庭が増えつつあるようです。

オルニチンは普段食べている食品にも含まれていますが、一般的にはわずかな量です。サプリメントや医薬品として長年使われているものなので、上手に取り入れるとよいでしょう。

但し、過剰摂取は避け、妊娠中、授乳中、他の薬を服用している場合などは、医師や薬剤師に相談してから摂取することをオススメします。

 
肝臓をサポートするサプリを探すサイト