お酒が好きなあなた、回復力が弱ってきたあなたに、頼れる肝臓サプリを紹介します!

ウイルス感染

ここでは、肝臓の機能を低下させる原因として広く認知されている「ウイルス感染」について、説明します。

いろいろあるウイルス性肝炎

ウイルス性肝炎は、肝臓に肝炎ウイルスが感染し、肝機能障害を起こす病気です。

ウイルスには、肝炎ウイルス(A型、B型、C型など)、EBウイルス、サイトメガロウイルス、ヘルペスウイルスなどがあります。

肝炎の原因はウイルス、アルコール、自己免疫等があります。日本ではB型肝炎ウイルスあるいはC型肝炎ウイルス感染が多くを占め、300~370万人もいると推測されています。そのうち、40歳以上の人が9割以上を占めていますが、最近では、B型肝炎は若い人にも増えています。

ウイルス性肝炎の予防と対策

A型肝炎ウイルスは、主に水や食べ物を介して感染します。

衛生状態の改善されている日本では、感染者は劇的に減少していますが、抗体のない若い人が、衛生状態の良くない国で感染したり、輸入食品で感染することがあります。

また、男性同性間の性的接触で感染する場合もあります。

A型肝炎ウイルスは、ワクチン接種により予防することができます。

B型肝炎ウイルスは、主に血液・体液を介して感染します。

以前多かった母子感染は、B型肝炎の母親から生まれてきた子供に対し、ワクチン接種が開始されて以来激減しました。

輸血を含めた医療行為による感染も、ほとんどなくなりました。

最近は、性的接触等による感染が増加しています。

B型肝炎ウイルスは、多くの場合ワクチン接種により予防することができます。

C型肝炎ウイルスも、主に血液を介して感染します。

以前多かった輸血による感染は、高感度のC型肝炎ウイルス検査が導入され、ほとんどなくなりました。

近年の感染者は若者が多く、覚せい剤使用者の注射の回し打ちや、入れ墨などの針の使いまわし、不衛生なピアス処置などです。

肝炎ウイルスに感染しても、検査をできるだけ早く受け、医療機関で適切な治療を受けることで、肝硬変や肝がんといった深刻な症状になるのを防ぐことができます。

現在、ウイルス性肝炎は治る、もしくはコントロールできる病気です。

今までに、B型肝炎、C型肝炎ウイルスの検査を受けたことがない人は、検査を受けることをオススメします。

 
肝臓をサポートするサプリを探すサイト