お酒が好きなあなた、回復力が弱ってきたあなたに、頼れる肝臓サプリを紹介します!

アルコール

ここでは、肝臓の機能を低下させる原因の筆頭に挙げられる「アルコール」について、説明します。

アルコールの大量摂取による「アルコール性肝障害」

アルコールを過剰摂取することで、肝臓に最初に生じるのは「アルコール性脂肪肝」です。

一般的には無症状ですが、日本酒換算で5合程度を5週間続けたくらいで引き起こされます。
そのまま大量飲酒を続けると、約2割の人が「アルコール性肝障害」を起こすといわれています。

発熱、黄疸、右上腹部痛、肝臓の圧痛、食欲不振、嘔吐、下痢などの自覚症状が出てくる人もいます。

「アルコール性肝障害」は、「肝性脳症」「肺炎」「急性腎不全」「消化管出血」などの合併症や「エンドトキシン血症」などを伴って、死亡してしまうこともあります。

すぐに重症化しない場合でも、「アルコール性肝線維症」を経て、「アルコール性肝硬変」になってしまうこともあります。

糖尿病、下肢の浮腫、黄疸、腹水、痔出血、吐血などの症状が出てきます。

アルコール性肝障害の予防と対策

アルコールは適量であれば、血行を良くする効果があり、健康に良いとされています。毎日適量飲酒する人は、全く飲まない人に比べて、心筋梗塞などの冠動脈疾患による死亡率が低いというデータもあります。また、リラックス効果もあり、ストレス解消になっている人もたくさんいますよね。

問題は、飲み過ぎです。

少なくとも年に一度は定期検診を受け、γ-GTPなどの値をチェックし、肝機能の状態を把握しておきましょう。

基準値よりも上回ると指摘された場合は、しばらく禁酒して肝臓を休めてあげることも一手段です。

早期であれば肝臓は回復力があるので、肝臓の働きを助けてくれるサプリメントの利用もお勧めです。

アルコール性肝障害では、肝臓の線維化が進んでいても、血液検査だけでは異常が見つからない場合もあります。
肝臓の状態を詳しく調べるためには、腹部超音波検査や肝生検が必要です。医師に指摘された場合は、速やかに検査を受けましょう。

男性の場合は、大量飲酒を20年も続けると、肝硬変になる可能性が高くなります。
女性の場合はより早く、12年程続けると肝硬変になる可能性が高くなります。

なによりも、日々の飲酒量を適度にすることが、カラダにも、心にも潤いを与えてくれる最も効果的なアルコールとの付き合い方です。

肝臓を強力にサポートするサプリは? 肝臓サプリおすすめランキングはこちら>>

 
肝臓をサポートするサプリを探すサイト